トゥース

 

Top >  ホワイトニング関連用語 >  ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ


危険性が指摘されるまでは、最もポピュラーな
歯の漂白法だったウォーキングブリーチ


ウォーキングブリーチは内因性の歯の変色を漂白する
治療法で、無髄歯と呼ばれる神経がない歯の漂白法
として以前は頻繁に行われてきました。

ウォーキングブリーチは、神経の穴の中にホワイトニング
剤を注入し、歯の内側から白くする方法です。

歯科医院で座って行う歯の漂白と違って、漂白剤を入れた
まま歩きながら歯を白くするため、ウォーキングブリーチ
と呼ばれるようになりました。

ウォーキングブリーチは1967年に実用化されて以来、
数年前までは最も効果の高い、唯一の歯の漂白法でした。

しかし、ウォーキングブリーチによる歯の漂白は、数年後
歯の根が溶けてしまう危険性や、歯の色の後戻りの
可能性などが指摘され、現在ではあまり行われなくなりました。

▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

ホワイトニング関連用語

歯のホワイトニングに関連した用語を解説しました。

ホワイトニングの理解を深め、事前の歯科医師との
カウンセリングなどにお役立て下さい。

関連エントリー

ウォーキングブリーチ    FAPホワイトニング    シェードガイド    タッチアップ    テトラサイクリン    ハイドロキシアパタイト    ハイライト    パワーホワイトニング    フッ素症