トゥース

 

Top >  ホワイトニング関連用語 >  フッ素症

フッ素症


フッ素は、歯質の強化や歯の再石灰化、虫歯
予防の効果が期待でき、歯の美白の関心の
高まりとともに、多くの歯磨き剤に配合される
ようになった注目の成分です。

水道水にフッ素を入れることで、虫歯を減らす
ことができるともいわれています。

しかし、歯のエナメル質が形成される乳児から
7歳ぐらいの間に、フッ素を過剰に摂取すると
エナメル質に変質をおこし、白い斑点や茶褐色
の班紋ができたりしてしまいます。

軽度の歯のフッ素症はホワイトニングで改善が
可能ですが、重度の場合は、ホワイトニングに
よって歯を白くすることは困難だといわれています。

▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

ホワイトニング関連用語

歯のホワイトニングに関連した用語を解説しました。

ホワイトニングの理解を深め、事前の歯科医師との
カウンセリングなどにお役立て下さい。

関連エントリー

ウォーキングブリーチ    FAPホワイトニング    シェードガイド    タッチアップ    テトラサイクリン    ハイドロキシアパタイト    ハイライト    パワーホワイトニング    フッ素症