トゥース

 

Top >  白い歯のためのケア >  歯ブラシの選び方

歯ブラシの選び方


歯ブラシの選び方 歯ブラシは、年齢別、目的別など様々な商品が販売されて
いますが、歯ブラシ選びには毛先の固さ、ヘッドの大きさ、
毛の品質などがポイントになります。

ブラシの固さはある程度のコシがあれば、柔らかめや
普通のタイプで十分です。

硬いブラシは磨き方によって歯ぐきや歯を傷つけてしまう
ことがあるので避けた方が無難です。

また、毛先が丸く処理されておらず毛先が鋭いままの
ものが多い安価な歯ブラシも、歯ぐきや歯を傷つけて
しまう危険性があるのでお勧めできません。
使い捨ての歯ブラシを使う場合は、注意が必要です。

歯ブラシの大きさについては、ヘッドの植毛部分が
下の前歯の4本分以下の大きさで、奥歯の狭いところ
など歯の隅々まで届き、口の中で自由に動かすことが
出来るサイズものがよいでしょう。
一般に植毛部は、三列七毛束が好ましいといわれています。

市販の歯ブラシや外国製の歯ブラシは、口の中で自由に
動かすにはヘッドの部分が大きすぎる傾向にあります。

ちなみに、子ども用はサイズ展開が豊富で、ヘッドも
小さめなので、ちょうどよいサイズが見つけられるかも
しれません。

ブラシの毛は、ナイロン性の乾燥しやすいものが
衛生的でお勧めです。

また、歯ブラシの交換の時期も重要です。

歯をきれいに磨くためには、歯ブラシの毛の弾性が
重要なので、毛先が開きコシがなくなった歯ブラシは
新品に交換しましょう。
歯ブラシの使用期間の目安は2週間〜1ヶ月です。

このように適切な歯ブラシを選ぶことも大切ですが、
それ以上に、ブラッシング方法が重要なのは言うまでも
ありません。

適切な歯ブラシで、正しいブラッシングをしてこそ、
健康で美しい歯を保つことができるのです。

▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

白い歯のためのケア

白い歯のための基本はブラッシングです。
ホワイトニング後の白い歯を維持するためにも、毎日の正しいブラッシングが不可欠です。

ブラッシングのタイミング、回数、方法、歯ブラシの選び方や歯磨き剤の使い方など、正しいブラッシング方法を身につけて、白い歯を保ちましょう。

白い歯のための、あなたのブラッシング方法を見つけてください。

関連エントリー

電動歯ブラシについて    歯ブラシの選び方    歯磨き剤の必要性    ブラッシングの方法    ブラッシングするタイミングと回数    ホワイトニング歯磨き剤「スーパースマイル」