トゥース

 

Top >  歯を白くするその他の方法 >  ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア)

ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア)


ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア) ダイレクトボンィングは、少し削った歯の表面に直接 樹脂を塗り重ねることで、歯を白くする方法で、 ダイレクトレジンベニアとも呼ばれています。

ダイレクトボンディングは、透明感のある天然の歯のような 仕上がりが期待でき、ホワイトニングで改善が難しい テトラサイクリンなどの抗生物質による重度の変色にも有効です。

ダイレクトボンディングの手順は、まず最小限に薄く削った歯に、光を通さず 下の色が透けて見えない樹脂を塗り、更にその上に光を通す透明感の強い 樹脂を塗り重ね、樹脂が固まったら表面を磨き仕上げます。

ダイレクトボンディングのメリットは、ラミネートベニアのように歯型を取る必要もなく 1回の治療ですむ、歯を削る部分が最小限、はがれにくい、色を選べる、簡単に修復できる、 ラミネートベニアより治療料金が安い、などの点が挙げられます。
また、歯を白くするだけでなく、歯の形の修正や前歯の隙間も改善することができます。

デメリットは、セラミックに比べ耐久性が劣る、難易度も高く即日治療なので 細かい模様などの再現が難しい、定期的なクリーニングが必要などの点です。

ダイレクトボンディングは、ナノテクノロジーを応用した新素材が開発されるなど、 より進歩した技術が期待される治療方法です。


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

歯を白くするその他の方法

ホワイトニング以外にも歯を白くする様々な治療方法があります。

ホワイトニング同様、歯を削らずに白くするPMTCやマニキュア。
歯を少量削る必要がありますが、ホワイトニングでは歯を白くすることが困難なテトラサイクリンなどの抗生物質による重度の変色にも効果があり、歯並びも改善できるラミネートベニアやダイレクトボンディング。

それぞれの治療方法には長所や短所があり、白さの持続時間、白さの質、歯を削る量、料金などが異なります。

歯の状態、希望する歯の白さ、予算などによって治療プランも変わってきますので、歯科医師とよく相談して、あなたにとって最善な治療方法をみつけてください。

関連エントリー

PMTC    マニキュア(ホワイトコート)    ラミネートベニア    ジャケットクラウン    ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア)    セラミック・インレー