トゥース

 

Top >  歯を白くするその他の方法 >  ジャケットクラウン

ジャケットクラウン


ジャケットクラウン ジャケットクラウンは、削って成型した歯にセラミックの冠(クラウン)をかぶせる方法です。

ラミネートベニアが貼れない、虫歯が広範囲で虫歯でない部分が少ない歯には、 ジャケットクラウンが適しています。

ジャケットクラウンは、ラミネートベニアよりも自由に歯の形や大きさを調整して 仕上げることが出来き、歯根部分だけしか残っていない歯も再生が可能です。

歯にかぶせるクラウンの素材は、金属をつかわないオールセラミッククラウンスと 金属で補強したメタルボンドがありますが、より自然な透明感が 再現できるオールセラミックスクラウンが注目されています。

オールセラミックスクラウンはメタルボンドと違い、金属を使用しないため金属アレルギーの心配もなく、 歯茎が黒く変色したりすることもありません。

さらにオールセラミッククラウンスの最大のメリットは、ホワイトニングした 歯の白さに合わせることができることです。
(金属を使った差し歯の場合、金属の色を隠すための遮断剤を使用することによって、 歯の色の透明感が失われてしまいます)

オールセラミッククラウンを使用することにより、差し歯や人工歯を ホワイトニングした歯と同じような透明感のある自然な白さに仕上げる ことができるようになりました。

ただし、かみ合わせがきつく壊れそう、十分なスペースがないなどの場合は、 メタルボンドの方が適しているともいわれています。
(技術革新により、コンピューターを使用したオールセラミックス作成技術が開発されてからは、 オースセラミックスの耐久性は飛躍的に向上し、メタルボンド以上の強度という意見もある)
歯根がない歯も治療することができるのも、インプラントに対応できるメタルボンドの方です。

ジャケットクラウンのデメリットとしては、多くの歯を削らなくてはいけない、衝撃に弱い、 料金が高い(1歯 10万〜15万)などが挙げられます。


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

歯を白くするその他の方法

ホワイトニング以外にも歯を白くする様々な治療方法があります。

ホワイトニング同様、歯を削らずに白くするPMTCやマニキュア。
歯を少量削る必要がありますが、ホワイトニングでは歯を白くすることが困難なテトラサイクリンなどの抗生物質による重度の変色にも効果があり、歯並びも改善できるラミネートベニアやダイレクトボンディング。

それぞれの治療方法には長所や短所があり、白さの持続時間、白さの質、歯を削る量、料金などが異なります。

歯の状態、希望する歯の白さ、予算などによって治療プランも変わってきますので、歯科医師とよく相談して、あなたにとって最善な治療方法をみつけてください。

関連エントリー

PMTC    マニキュア(ホワイトコート)    ラミネートベニア    ジャケットクラウン    ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア)    セラミック・インレー