トゥース

 

Top >  歯を白くするその他の方法 >  ラミネートベニア

ラミネートベニア


ラミネートベニアなら歯の色だけでなく
 歯並びや歯の隙間も解消!

ラミネートベニア ラミネートベニアは、0.5ミリ程削った歯の表面に接着剤で
極薄のセラミック板を貼りつけ、歯を白くするつけ爪のような方法です。

ラミネートベニアはホワイトニングやマニキュアと違い歯を削って しまいますが、歯の表面のエナメル質を薄く削る程度などで、 通常痛みもなく、歯のダメージも少ない治療方法です。

2回〜4回程度の治療で、天然の歯と見分けがつかないほど
自然な仕上りが期待できます。
金属も使用しないのでアレルギー体質の人も安心です。 

さらにラミネートベニアは、耐久性もよく、歯の色や大きさを
自由に選べ、歯の変色だけでなく歯並びも同時にきれいに
出来るなどのメリットがあります。

ラミネートベニアは、ホワイトニングで白くならないテトラサイクリン
などの抗生物質による重度の歯の変色や前歯の詰め物の変色
にも有効です。
また、エナメル質の形成不全によって歯の表面が凸凹している
歯の修正したり、前歯の隙間を埋めることもできます。

ラミネートベニアのデメリットは、噛み合わせの悪い人や歯ぎしり
のある人には不向きだということと、セラミックを使用するため
治療の料金がホワイトニングなどに比べ高いという点です。
(1歯 8万円〜12万円)

ラミネートベニアの治療方法

色見本で歯の色を選択(見本にない中間色も可能)

歯の表面を0.5ミリ程削り、歯型をとる

歯型に合わせてセラミックの薄い板をオーダーメードでつくる

セラミック板を接着剤で貼りつける


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

歯を白くするその他の方法

ホワイトニング以外にも歯を白くする様々な治療方法があります。

ホワイトニング同様、歯を削らずに白くするPMTCやマニキュア。
歯を少量削る必要がありますが、ホワイトニングでは歯を白くすることが困難なテトラサイクリンなどの抗生物質による重度の変色にも効果があり、歯並びも改善できるラミネートベニアやダイレクトボンディング。

それぞれの治療方法には長所や短所があり、白さの持続時間、白さの質、歯を削る量、料金などが異なります。

歯の状態、希望する歯の白さ、予算などによって治療プランも変わってきますので、歯科医師とよく相談して、あなたにとって最善な治療方法をみつけてください。

関連エントリー

PMTC    マニキュア(ホワイトコート)    ラミネートベニア    ジャケットクラウン    ダイレクトボンディング(ダイレクトレジンベニア)    セラミック・インレー