トゥース

 

Top >  歯の色について >  歯が変色する原因

歯が変色する原因


歯が変色する原因 黄ばみやくすみなど、歯の変色する原因は、歯の表面からおこる外因性のものと 歯の内部からおこる内因性のものがあります。


歯の変色原因〜外因性の変色

外因性の変色はカレー、ケチャップ、お茶類、果汁などの 色素の強い飲食物やタバコのヤニなどが歯の表面に着色したり、 歯の内部にしみ込むことによって起こります。

また、虫歯や銀の詰めものが原因で黒っぽく変色したり、歯のみがき過ぎや お酢などの酸性のものがエナメル質を溶かしてしまうことにより、エナメル質が薄くなって 象牙質の色が強くでてしまう場合もあります。

歯の表面のみの着色の場合は、歯科医院でのクリーニングでもとの白さに戻りますが、歯の内部までしみ込んだ着色はホワイトニングが必要になります。

(外因性の変色の原因になる飲食物や嗜好品)
タバコ、コーヒー、コーラ、紅茶、緑茶、烏龍茶、赤ワイン、 ブルーベリー、ぶどう等の果汁、カレー、ケチャップなど

歯の変色原因〜内因性の変色

加齢による変色
加齢に伴い歯のエナメル質が薄くなることで、象牙質の色が強く 浮き出てきたり、象牙質自体の色が濃くなることが原因で 歯が黄色く変色してしまいます。

薬剤、虫歯治療、外傷による変色
虫歯の治療で歯の神経を取ってしまったり、歯の損傷で歯の神経が死んでしまったり すると象牙質に栄養が行き渡らず、茶色に変色してしまいます。

また、テトラサイクリンという抗生剤を乳児から7歳の間に長期服用したり、 母親が妊娠中に服用すると、象牙質が変色し歯の色が濃くなったり、 縞模様ができたりするケースがあります。
(テトラサイクリン系の抗生剤は、1965〜1970年頃に多く使用され、 その時期に投与された乳児から7歳くらいの多くの子どもに歯の変色が確認されています)

テドラサイクリン以外にも、流産予防で使われた黄体ホルモン剤やフッ素中毒(フッ素症) など薬物が原因となる変色があります。
虫歯の予防に効果を発揮するフッ素ですが、歯が形成される乳幼児期に過剰摂取するとエナメル質に白い斑点ができたり褐色の変色が起こる場合があります。

この他にも歯の変色原因は数多くあり、歯の変色については、専門家である歯科医に相談されることをおすすめします。

▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

歯の色について

歯の色は白というイメージがありますが、実際は少し黄色みがかっており、さらに年齢を重ねるにつれて黄ばみも強くなってきます。

歯の色は個人差がかなりあり、年齢や髪の毛、目の色、皮膚の色などによってある程度決まるといわれていますが、実際はどのようにして歯の色は決定されるのでしょうか?

歯の色を決める歯の構造や歯の変色原因などについて解説します。

関連エントリー

歯の色は歯の構造が関係している    歯の色はこうして決まる    歯の色調と明度    人種による歯の色の違い    歯が変色する原因