トゥース

 

Top >  歯の色について >  人種による歯の色の違い

人種による歯の色の違い


人種による歯の色の違い 人種によっても歯の色は違ってきます。

日本人は、欧米人に比べてエナメル質が薄いので 象牙質の色が色濃く反映されやすく、欧米人より 歯の黄色が強く出てきてしまいます。

また、公的な健康保険が一般的でないアメリカなどでは、 虫歯治療などが高額なため、歯のケアを日頃から心がけ 色素沈着も少ないということも、日本人より歯が白い理由の ひとつです。

さらに、肌の色や唇の色も歯の色に大きく関係してきます。
黒人は歯が白く見え、白粉を塗った花嫁の歯が黄色く見えるなど、 肌の色の濃い人の歯は、相対的に白く見え、肌の薄い人は 黄色く見えるという現象が起こります。


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

歯の色について

歯の色は白というイメージがありますが、実際は少し黄色みがかっており、さらに年齢を重ねるにつれて黄ばみも強くなってきます。

歯の色は個人差がかなりあり、年齢や髪の毛、目の色、皮膚の色などによってある程度決まるといわれていますが、実際はどのようにして歯の色は決定されるのでしょうか?

歯の色を決める歯の構造や歯の変色原因などについて解説します。

関連エントリー

歯の色は歯の構造が関係している    歯の色はこうして決まる    歯の色調と明度    人種による歯の色の違い    歯が変色する原因