トゥース

 

Top >  ホワイトニングについて >  ホワイトニング誕生のきっかけ

ホワイトニング誕生のきっかけ


1968年、アメリカの矯正歯科医が歯肉炎になってしまった患者に対して、マウスピースタイプの矯正装置の内側に殺菌剤を入れて装着するよう指示しました。

すると後日、矯正歯科医は、患者の歯が白く変化していたことに気づき、その事がホームホワイトニングの誕生のきっかけになったといわれています。
(ホワイトニング剤のベースになっている過酸化水素は、もともと殺菌剤として歯肉炎や歯周病の治療に使用されていました)

ホワイトニング誕生のきっかけ また、アメリカで最も普及し、日本でも認可を受けたオフィスホワイトニング剤「ハイライト」の発想は、 リゾート地のプールで生まれました。

プールの塩素がついたまま、長時間太陽の日を浴びると髪の色が変わってしまうことに開発者が気づいたことが誕生のがきっかけといわれています。



(参考文献 「スーパーホワイトニング 歯の美白」 近藤隆一著 保健同人社)


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

ホワイトニングについて

美しい歯に対する社会的ニーズが高まり、歯のホワイトニングへの関心が高まっています。

アメリカでは10年前から一般的なホワイトニングが、ホームホワイトニング剤の認可をきっかけに、ようやく日本でも注目されるようになりました。

歯へのダメージが少なく、安全で料金も比較的安いホワイトニングは、歯を白くする為の理想的な治療方法と言われています。

ここではホワイトニングの治療方法や、効果の持続性、メリットやデメリットなど、ホワイトニングについて分りやすく解説しています。

関連エントリー

ホワイトニングとは?    ホワイトニングの仕組み    ホワイトニングの効果    ホワイトニングのメリット    ホワイトニングのデメリット    ホワイトニングの料金    ホワイトニングの歴史    ホワイトニング誕生のきっかけ