トゥース

 

Top >  ホワイトニングの安全性 >  ホワイトニングできないケース

ホワイトニングできないケース


ホワイトニングできないケース ホワイトニングはどんな人の歯でも白くできるという ものではありません。

ホワイトニングで効果が得られなかったり、体に害を及ぼす 可能性のある禁忌症といわれるケースもあります。

虫歯や歯周病がある
虫歯や歯周病がある場合は、ホワイトニング剤の刺激で
歯痛が起こったり、症状を悪化させることもありますので、
治療してからホワイトニングを受ける必要があります。

人工の歯
ホワイトニングできる歯は、自分の歯だけです。
入れ歯や差し歯、セラミックをかぶせた歯を白くする
ことはできません。

エナメル質や象牙質の形成不全
エナメル質や象牙質が十分に発達できていない
エナメル質や象牙質の形成不全が原因で変色して
しまった歯にはホワイトニングできません。

妊婦や授乳中の女性
ホワイトニング剤が胎児や母乳にどのような影響を与えるか
判明していませんので、過去に問題が起こっていなくても、
妊娠中や授乳中のホワイトニングは避けるべきです。

無カタラーゼ症の人
ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素を分解する
酵素(カタラーゼ)を体内にもっていないと、万が一
ホワイトニング剤を飲んでしまった場合に薬剤が体内に
残ってしまいます。

全身的な病気がある人
病気によっては、ホワイトニングをしてはいけない場合
がありますのでまず医師に相談してみて下さい。

変色の強い歯
変色の原因や度合によって、ホワイトニングの効果がない
場合もあります。
青みがかったダークグレー、ダークイエローの変色や
テトラサイクリンによる重度の変色は、ホワイトニングによる
改善が困難です。


▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングは人体への害や副作用はほとんどなく、安全性に問題はないと、多くの歯科医が説明しています。

ここでは実際に使用する薬剤をはじめ、ホワイトニングの歯への影響やホワイトニングが受けられないケース等、ホワイトニングの安全性について詳細に解説しています。

関連エントリー

ホワイトニングの安全性    ホワイトニングと知覚過敏    ホワイトニングできないケース    OTC製品の危険性