トゥース

 

Top >  ホワイトニングの安全性 >  OTC製品の危険性

OTC製品の危険性


OTC製品の危険性 医者の処方箋なしでアメリカのドラッグストアーやネット通販で購入できる ホワイトニング製品(OTC)を使用する場合は注意が必要です。

日本では、ホームホワイトニングの場合も歯科医師の指導のもとで 行うよう定められていますが、アメリカでは様々なOTC製品を ドラッグストアーなどで気軽に購入することができます。

既製品のマウスピース状トレーにホワイトニング剤を入れて使用する ものが一般的ですが、大ヒットしたP&G社の「ホワイトストリップス」のように ホワイトニング剤がコーティングしてあるテープ状のシールを歯に貼るだけの タイプもあります。

OTC製品は歯科医院に通わず、安上がりにホワイトニングすることができますが、 虫歯のある場合などは、知覚過敏の症状がでる危険性があります。

また、歯科医院でオーダーメイドで作ってもらうトレーではなく既製品のトレーを 使用するので、サイズが合わないといった問題もあるようです。

OTC製品を使用するのなら、歯科医師が輸入したものを歯科医師の指導のもと 使用することをおすすめします。

▼1回の通院で高い効果を発揮する最新のホワイトニングが登場!

通院回数は全部で1回、簡単・安心・安全のホワイトニング

 

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングは人体への害や副作用はほとんどなく、安全性に問題はないと、多くの歯科医が説明しています。

ここでは実際に使用する薬剤をはじめ、ホワイトニングの歯への影響やホワイトニングが受けられないケース等、ホワイトニングの安全性について詳細に解説しています。

関連エントリー

ホワイトニングの安全性    ホワイトニングと知覚過敏    ホワイトニングできないケース    OTC製品の危険性